pontaカードのメリット・デメリット

ローソンのポイントカードと言えばpontaカードですが、pontaカードは、色々と特典がついて毎日ポイントGETのチャンスもあるしお得です。
でも、どんなカードにも利点と欠点があるので、このpontaカードも同じですね。
しかし、pontaカードはローソン利用頻度が多い方ほど持っていて損はないので、ローソンをよく使うという方は是非持つべきかと思います。

pontaカードのメリット・デメリット!
例えば、pontaカードのいいところと悪いところを上げてみると、メリットとしてはポイントがどんどんたまり、100円毎に1ポイント貯まったり、キャンペーン等に応募したり、メルマガに登録するとポイントがどんどん貯められそのポイントも有効に使えますから便利でお得です。

ただ、pontaカードの中でもローソンJMB ponta VISAカードの場合だとローソンでのクレジットポイントというのが付加されないので、こうした部分はpontaカードのデメリットと言えると思います。
また、VISAつきpontaカードの場合は1000円単位でのポイント加算となるので、1000円未満のお買いものの際にはポイントがつきません。
こうした部分もやはりデメリットになると思います。

pontaカードは、色々と種類が豊富ですのでクレジット機能が付くカードとつかないカードがあります。
そのため、そのカードの種類によっていい面と悪い面が違いますから、pontaカードを賢く使ってよりお得に利用するためには、クレジット機能がつく方がイイか、つかない方がイイかをよく比較する事がお勧めです。

また、pontaカードの場合は永久ポイントではないので有効期限の事を気にする必要もあります。
なので、pontaカードは有効期限がある事がカードのデメリットになりますが、カードを利用しているうちは有効期限を気にする必要は全くないので、メリットとデメリットはありますが、どちらも踏まえて考えれば使い方次第でとてもお得に使えるカードだと思います。

コメントを残す